非認知能力

子どもの非認知能力を育む褒め方・叱り方

自分の情動を上手にコントロールする能力など、テストの点数では表せない幅広い力をさす「非認知能力」。

幼少期に非認知能力を身につけておくことが、大人になってからの他者との関わりや幸福感、経済的な安定につながると考えられ、世界中で注目を集めています。

子どもの非認知能力を育むために欠かせないものが、親の接し方や、褒め方・叱り方です。

将来、自分で考え、自分で動き、未来を切り開ける子に育てるための、わが子への接し方や褒め方・叱り方について紹介します。

子どものやる気を100倍にする褒め方とは?「子どもは褒めて育てよう」といわれていますが、どんなところをどのように褒めたら良いのかわからないなどと悩む人も多いのではないでしょうか。...

子どもを「一人の人間」として尊重する

日々成長過程にある子どもはみな、生まれながらに「挑戦する力」「思いやる力」「がまんする力」などさまざまな力を備えています。

このような力をすこやかに育てるために大切なのが、「接し方」や「褒め方・叱り方」です。

まず、子どもへの接し方について考えてみましょう。

モンテッソーリ&レッジョ・エミリア教育者の島村華子氏は、著書『自分でできる子に育つ 褒め方叱り方』において、子育てには2種類の接し方があると述べています。

ひとつは、「条件つき子育て」です。
子どもの行動の善し悪しにより、ご褒美や罰を使いながら愛情の注ぎ加減を調整し、行動をコントロールしようとするものです。

もうひとつは、「無条件子育て」です。
行動の善し悪しにかかわらず愛情を注ぎ、子どもの気持ちに寄り添う子育てです。

「条件つき子育てと無条件子育ての違いは、『子どもを一人の人間として尊重して見ているか、そうでないか』にあります。

条件つき子育ては、短期的には親のいうことを良く聞くようになりますが、子どもは『親が望むようにふるまわなければ愛してもらえない』といった恐怖心やプレッシャーを抱くことがあります。

子どもと正面から向き合い、何か問題がおきたらご褒美や罰でコントロールするのではなく、いっしょに解決するよう接していく無条件子育てを行うことで、自己肯定感を高め、自分でできる力を身につけていくことができます」。(島村華子氏)

幼少期から、わが子を認め、ていねいに温かく関わることで、子どもは「自分は愛されている、大事にされている」と肌で感じ、「生きるって面白い!」「生まれてきて良かった!」と、心に栄養を蓄えていきます。

それが、非認知能力の根っことなっていくのです。

1 2
ABOUT ME
リーフラス 非認知能力プロジェクト
https://liberta.sport-school.com/