非認知能力

スポーツ観戦を通じて育みたいスポーツへの好奇心と非認知能力

ほぼ無観客開催となりましたが、夏休みはオリパラ中継も楽しみのひとつになります!

家族でスポーツ観戦することにより、子どもの好奇心や探究心、コミュニケーション能力を引き出すことができます。

また、「オリパラ観戦を通じて興味を抱いたスポーツを始めてみる!」など、スポーツ観戦が、子どもの新たな一歩を踏み出すきっかけになることにもなるかもしれません!

オリパラ観戦を通じて育みたいスポーツへの好奇心と、非認知能力について紹介します。

オリパラ観戦を通じてスポーツへの好奇心を養う

すでに開会式前に始まっている競技もありますが、いよいよ始まるオリンピック・パラリンピック!


オリンピックでは、世界のアスリートが競技に打ち込む姿を見て、

〇より高い目標をめざして努力することの大切さ
〇スポーツを通して得られる友情や絆の素晴らしさ
〇ルールを尊重する大切さ
〇フェアプレイに徹する大切さ
〇支えてくれる人達に対する敬意

などを感じることができるでしょう。

また、パラリンピックでは、障害のあるアスリートが競技に打ち込む姿を見て、

〇マイナスの感情に向き合い乗り越えようとする精神力
〇難しいことがあってもあきらめず、限界を突破しようとする力
〇人の心をゆさぶり駆り立てる力
〇多様性を認める力

などを感じることができるでしょう。

オリパラ観戦を通じて、オリンピック、パラリンピックの精神や歴史はもちろん、

〇どんな種目が実施されているのか
〇注目した選手のエピソードやこれまでの活躍
〇スポーツが人々や社会に及ぼす影響

などについて、家族で話したり、話題に出たことを調べたりすることにより、スポーツへの好奇心を養うことができます。

家族でオリパラ観戦を楽しみながら、わが子がオリパラのどんな部分に興味を抱いているのが、どんな競技を熱心に見ているのかを観察し、関連する本を探して調べたり、インターネットで検索したりしながら学びを深めていきましょう。

「カッコいい!」がスポーツを始めるきっかけに


わが子がどんなスポーツに興味を持つのか?

それは本人にしかわからないものです。

だからこそ、オリパラ期間中は、できるだけたくさんの種類のスポーツを見るとよいでしょう。

ふと観たテレビの映像から、
「カッコいい!」
「自分もこんなプレイしてみたい」
という憧れが生まれ、その感情が、スポーツを始めるきっかけになるかもしれません。

画面の中で活躍しているアスリートも、「憧れの選手の姿を追いかけ懸命に練習を続けているうちに、オリンピック出場を果たすことができた」などのエピソードを持つケースが多くあります。

憧れは目標につながり、目標があればこそ、やり抜く力や「到達するためにはどのように練習を重ねれば良いのか」といった課題解決力を育むことができます。

スポーツは、基礎体力の向上が期待できるだけでなく、スポーツを通して仲間と協力しあったり、マナーや思いやりを自然と身につけたりすることができます。

また、新しい技などに挑戦する経験を積み重ねることで自信をつけ、自分で考える力や行動力を育てることができます。

スポーツが非認知能力を育てる!幼少期、児童期に必要な能力として世界的に広まりつつある非認知能力。 非認知能力は、これからの未来を担うすべての子どもたちの心と体の...

オリパラ観戦中、お子さんが憧れのアスリートに出会えたら、親子でじっくり話してみましょう。

〇どんなところが「カッコいい!」と思うのか。
〇どんなところが「すごい」と思うのか。
〇自分はどうなりたいのか。そのスポーツを自分もやってみたいのか。

また、お子さんの意見だけではなく、親の意見や考えを伝えることで、より熱中することに繋がります!

オリパラ観戦を機に、興味を抱いたスポーツを始めよう


WEBサイト「みんなのランキング」によると、オリンピックの競技人気ランキングは、以下のような結果でした。

1位:陸上 男子4×100mリレー
2位:陸上 男子100m
3位:野球(男子)
4位:男子サッカー
5位:男子バスケットボール
6位:水泳 男子200m個人メドレー
7位:女子バレーボール
8位:体操 男子団体
9位:水泳 男子400mメドレー
10位:サーフィン 男子ショートボード
11位:卓球 女子団体
12位:スポーツクライミング
13位:テニス 男子シングルス
14位:柔道
15位:水泳 シンクロチーム
16位:陸上 男子マラソン
17位:空手 男子組手
18位:スケートボード
19位:陸上 男子4×400Mリレー
20位:体操 男子個人総合

これらの競技のほとんどは、子ども向けのスポーツ教室で習うことができます。

オリパラ観戦で興味を抱いたスポーツがあり、「自分もやってみたい」という気持ちが芽生えていたら、新しい世界を広げるために、スポーツ教室に通い始めてみるのも良いでしょう。

「子どもの非認知能力を伸ばす」という意味においても、やりたいことをやらせてあげる環境づくりが大切です。

子どもの「やりたい!」に寄り添うスポーツ教室を見つけ、まずは“楽しむ”体験を重ねていくことが大切です。

運動遊びやスポーツ体験が、子どもの非認知能力を育てる積極性ややり抜く力、コミュニケーション能力などといった「非認知能力」は、これからの時代を生き抜くために必要不可欠な力であると考えられてい...
まとめ

・オリパラ観戦を家族で楽しみながら、スポーツへの興味や好奇心を高めていく
・憧れの選手に出会ったら、その選手についての学びを深める
・「やってみたい!」と思うスポーツがあれば、スポーツ教室に通い始めるきっかけに

編集部より

いよいよ始まる!オリンピック・パラリンピック!
コロナの影響があり、1年の延期を経て、また残念ながら無観客試合がほとんどなってしまいましたが、子どもたちにとっては間違いなく、
もちろん親にとっても、このコロナ禍だからこそ楽しめる大きなイベントの一つとなり!
子どもたちにとっては、今後の人生に繋がる、興味を持つ大きなきっかけになるイベントになるのではないでしょうか!?
また、歴史的初の無観客大会を出場選手たちはもちろんのこと、それを支えてきた関係者の方々が、この大会をどのように乗り越えようとしてきたのかを学べる機会でもあると思います。
このような環境になってしまったからこそ、通常では感じることができない、学ぶことができないことがたくさんあります!
色々な制限や今までと違った形での開催となりますが、これから始まるオリンピックパラリンピックが、新しい形を作り、日本も世界全体も盛り上がれる子どもたちにとって今後の成長に繋がるきっかけとなる大会になることを願っています!

(参考文献)
・スポーツ庁|オリンピック、パラリンピック
・オリンピック・パラリンピック・ム−ブメント全国展開事業|オリンピック、パラリンピック教育の定義
・みんなのランキング|東京オリンピック競技人気ランキング!最も観戦したい競技種目No.1 は?

ABOUT ME
リーフラス 非認知能力プロジェクト
https://liberta.sport-school.com/
×

個人情報保護方針

リーフラス株式会社(以下、「当社」といいます。)は、重要な個人情報を取り扱う事業者として、個人情報を適切に保護することが最も重要な経営課題の一つであるとの認識の上に、個人情報保護に関わる次の方針を定め、体系的で全経営活動に統合された個人情報保護管理体制及び仕組み(以下、「個人情報保護マネジメントシステム」といいます。)を策定し、実行し、維持し、及び継続的に改善していきます。
なお、本方針において「個人情報」には「特定個人情報」を含みます。

1.個人情報の取得、利用及び提供

個人情報を取得する場合、利用目的を明確に定め、個人情報を適正かつ公正な手段によって取得いたします。取得した個人情報は、利用目的の達成に必要な限度において利用し、目的外利用を行わないための措置を講じます。また、必要な限度を超えて利用する場合は、あらかじめご本人の同意を得ることとします。
ただし、法令に基づく場合など、本人の権利や利益、生命、身体を保護するために必要な場合には、本人による同意の有無に関わらず取得、利用及び提供を行うことがあります。

2.個人情報保護に関する法令遵守

保有する個人情報に関して適用される法令、国が定める指針、その他の規範を遵守するとともに、個人情報保護マネジメントシステムにおける取組みを適宜見直し、改善していきます。

3.個人情報の漏えい、滅失又はき損などの防止及び是正

取得した個人情報について、不正アクセス、漏えい、滅失又はき損などが生じることの無いよう、物理的及び技術的な安全管理措置を実施し、防止するとともに、監査により不備を発見し継続的に是正及び改善をはかります。

4.苦情・相談への対応

当社が保有する個人情報に関するお問い合わせや苦情、相談については、下記の受付窓口にて受け付け、適切かつ迅速に対応いたします。
尚、苦情及び相談を受け付けた場合、対応に伴い取得した個人情報については、苦情及び相談に対応する以外の目的で利用及び提供はいたしません。

5.個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善

個人情報保護のためのマネジメントシステムを定め、運用します。代表者自ら個人情報保護マネジメントシステムを見直すことによって継続的に是正及び予防の処置を実施いたします。
また、上記に掲げた方針及びその他個人情報保護に必要な事項については、すべて手順を文書化し実践できるよう取り組みます。

6.特定個人情報の取扱

特定個人情報の安全管理措置に関して「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」及び「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」を遵守して適正に取り扱います。

2018年6月1日
(最終)改訂日2021年5月1日
リーフラス株式会社
代表取締役社長 伊藤 清隆

個人情報に関わる苦情・相談及び本方針の内容についての問合せ先

〒150-0012
東京都渋谷区広尾一丁目1番39号
リーフラス株式会社

個人情報保護相談窓口

電話番号:03-6451-1341
受付時間:10時00分~17時00分(土日・祝日、年末年始その他の当社休業日を除きます。)

個人情報の取扱いについて

1.個人情報の利用目的について

当社が個人情報を利用する目的は以下のとおりです。

2.「第三者提供」ついて

当社は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめご本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはいたしません。

3.保有個人データの開示及び訂正・追加または削除についての手続き

当社の保有個人データに関して、ご本人またはその代理人は、次の手続きにより、開示、訂正、利用目的の通知、利用停止等の請求を行うことができます。

【送付先】

〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー10F
リーフラス株式会社 個人情報管理責任者

制定日 2021年5月1日
リーフラス株式会社
代表取締役社長 伊藤 清隆