課題解決力

逆境に強い人に共通する「レジリエンス」とは?

レジリエンスとはどういう意味?

「レジリエンス」とは、逆境や困難から立ち直ったり、予測しないことが起きたときに柔軟に対応することができる心のことです。

ストレスの多い現代社会において、精神的な回復力を意味する言葉として使われています。

具体的に、何か大きなストレスや負荷がかかって落ち込んだとしても、心が折れることなく、立ち直ることのできるバネのような心と考えるとわかりやすいでしょう。

さらには、失敗を恐れることなく挑戦し続けることのできる力としても注目されています。

レジリエンスはもともと物理学の分野から生まれた言葉で、外的圧力を跳ね返すことを表す言葉でした。

レジリエンスが高い人というのは、ストレスに強く、逆境や困難にぶつかってもすぐに立ち上がることができる、しなやかな心の持ち主と言えます。

また、失敗を恐れずに挑戦して、最後まで諦めることなく、粘り強くやりぬくことができます。

レジリエンスを活用した企業人材の育成に詳しく、レジリエンスに関する本も数多く出版している久世浩司さんは、「レジリエンスとは、IQや学歴、スキル、経験以上に重要なもので人生の土台となるものではないか」と話しています。

(出典)マンガでやさしくわかるレジリエンス(久世浩司著/ 日本能率協会マネジメントセンター)

レジリエンスは、海外では40年以上も研究されていて、レジリエンス教育も導入している学校もすでに欧米で2000校以上あります。

日本ではマスコミなどに取り上げられてじわじわと浸透していき、ビジネスや教育現場で注目を集めるようになってきました。

その背景には、企業や組織、社会にとって、ストレスに強くて様々な状況に適応できる人間が求められていることがあります。

レジリエンスが高い人の3つの特徴とは?

レジリエンスが高い人が持っている特徴として、3つのことがあります。

1.回復力・・・困難に直面してもすぐにもとの精神状態に戻ることができる、心のしなやかさがあります。
柔軟な心はレジリエンスの高さの証と言えます。

2.弾力性・・・予想外のショックやストレスがあっても、弾力性をもって耐えることができる強靭な精神をもっています。
人から批判され、嫌なことを言われても、心の傷となることなく自分の心を健全に守ることができます。

3.適応力・・・予期せぬ変化に抵抗するのではなく、それを受け入れて最適な考え方を見極めて対応することができる思考をもっています。

一つ大事なこととして、このような3つの特徴で表されるレジリエンスは、私たち人間の内面にもともと存在しているということです。

ところが、ストレスや失敗経験などが原因で、レジリエンスが消耗してしまうことがあります。

「心の筋肉」とも呼ばれるレジリエンスは、早いうちから養いつつ、トレーニングをして高めていくことが大事でしょう。

レジリエンスが今の時代に求められている


なぜレジリエンスという言葉が今、日本で注目を集めているのでしょうか?

その大きな理由として、急速に変化し続ける時代を生きていくために適応し続けることが求められていることがあります。

予測できない自然災害や、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の拡大など、これから先の未来も色々なことが待ち受けているでしょう。

また、日々進化し続けているテクノロジーの変化で、子どもたちが大きくなる頃には今では考えられないような未来が広がっている可能性もあります。

そんな激動の時代に適応し、自分の軸をしっかりと持って豊かな人生を送るためにレジリエンスが重要になるのです。

ストレスやプレッシャーに負けることなく、どんな壁があってもそれを乗り越えられる力が、これからの時代を生きていく子どもたちには欠かせません。

レジリエンスは、子どものころから養って鍛え続けていくことでより強固なものにすることができます。

『子どものレジリエンスを高めるために親ができることとは?』では、子どものレジリエンスの鍛え方についてご紹介しておりますので、ぜひそちらもご覧ください。

子どものレジリエンスを高めるために親ができることとは?レジリエンスとは、逆境や困難から立ち直ったり、不測の事態にも柔軟に対応できたりするしなやかな心のことです。 『逆境に強い人に共通す...
まとめ

・レジリエンスとは逆境や困難に心が折れることなく、失敗を恐れずに挑戦し続ける力。
・レジリエンスの大きな特徴として、回復力、弾性性、適応力がある。
・予測不能な時代を生き抜くために、子どもの頃からレジリエンスを高めておくと安心。

編集部より

レジリエンスという言葉はあまり聞きなれない方もいらっしゃるかもしれませんが、企業や組織、教育の現場などで今とても注目を集めています。
IQや学力なども大事ですが、レジリエンスがあれば、あらゆる困難に向き合い、それを乗り越えていくことができます。
現在、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響で落ち着かない日々が続きますが、レジリエンスは大人になってからでも高めることもできます。
ぜひ、この機会に親子でレジリエンスを高めることについて考えてみてはいかがでしょうか。

(参考文献)
・マンガでやさしくわかるレジリエンス(久世浩司著/ 日本能率協会マネジメントセンター)

・All About|メンタルの強い子を育てる10のコツ
・ベネッセ教育情報サイト|乳幼児期から育む、折れない心【前編】困難に負けない、レジリエンスとは

ABOUT ME
リーフラス 非認知能力プロジェクト
https://liberta.sport-school.com/
×

個人情報保護方針

リーフラス株式会社(以下、「当社」といいます。)は、重要な個人情報を取り扱う事業者として、個人情報を適切に保護することが最も重要な経営課題の一つであるとの認識の上に、個人情報保護に関わる次の方針を定め、体系的で全経営活動に統合された個人情報保護管理体制及び仕組み(以下、「個人情報保護マネジメントシステム」といいます。)を策定し、実行し、維持し、及び継続的に改善していきます。
なお、本方針において「個人情報」には「特定個人情報」を含みます。

1.個人情報の取得、利用及び提供

個人情報を取得する場合、利用目的を明確に定め、個人情報を適正かつ公正な手段によって取得いたします。取得した個人情報は、利用目的の達成に必要な限度において利用し、目的外利用を行わないための措置を講じます。また、必要な限度を超えて利用する場合は、あらかじめご本人の同意を得ることとします。
ただし、法令に基づく場合など、本人の権利や利益、生命、身体を保護するために必要な場合には、本人による同意の有無に関わらず取得、利用及び提供を行うことがあります。

2.個人情報保護に関する法令遵守

保有する個人情報に関して適用される法令、国が定める指針、その他の規範を遵守するとともに、個人情報保護マネジメントシステムにおける取組みを適宜見直し、改善していきます。

3.個人情報の漏えい、滅失又はき損などの防止及び是正

取得した個人情報について、不正アクセス、漏えい、滅失又はき損などが生じることの無いよう、物理的及び技術的な安全管理措置を実施し、防止するとともに、監査により不備を発見し継続的に是正及び改善をはかります。

4.苦情・相談への対応

当社が保有する個人情報に関するお問い合わせや苦情、相談については、下記の受付窓口にて受け付け、適切かつ迅速に対応いたします。
尚、苦情及び相談を受け付けた場合、対応に伴い取得した個人情報については、苦情及び相談に対応する以外の目的で利用及び提供はいたしません。

5.個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善

個人情報保護のためのマネジメントシステムを定め、運用します。代表者自ら個人情報保護マネジメントシステムを見直すことによって継続的に是正及び予防の処置を実施いたします。
また、上記に掲げた方針及びその他個人情報保護に必要な事項については、すべて手順を文書化し実践できるよう取り組みます。

6.特定個人情報の取扱

特定個人情報の安全管理措置に関して「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」及び「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」を遵守して適正に取り扱います。

2018年6月1日
(最終)改訂日2021年5月1日
リーフラス株式会社
代表取締役社長 伊藤 清隆

個人情報に関わる苦情・相談及び本方針の内容についての問合せ先

〒150-0012
東京都渋谷区広尾一丁目1番39号
リーフラス株式会社

個人情報保護相談窓口

電話番号:03-6451-1341
受付時間:10時00分~17時00分(土日・祝日、年末年始その他の当社休業日を除きます。)

個人情報の取扱いについて

1.個人情報の利用目的について

当社が個人情報を利用する目的は以下のとおりです。

2.「第三者提供」ついて

当社は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめご本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはいたしません。

3.保有個人データの開示及び訂正・追加または削除についての手続き

当社の保有個人データに関して、ご本人またはその代理人は、次の手続きにより、開示、訂正、利用目的の通知、利用停止等の請求を行うことができます。

【送付先】

〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー10F
リーフラス株式会社 個人情報管理責任者

制定日 2021年5月1日
リーフラス株式会社
代表取締役社長 伊藤 清隆