課題解決力

子どもが自分で考えるようになる!?親の声かけポイント!!

超情報化社会の現代、価値観の多様化やグローバル化が進むなか、これからを生きる子どもたちに必要な力のひとつとして注目されているのが、「課題解決力」です。

子どもの課題解決力は、一朝一夕で身につくものではありません。

家庭での親子の関わりや対話などを通し、少しずつ育まれていくものです。

子どもにとっての「課題」が出てきたとき、それをどのように受け止め、その課題を解決していくために、親はどのように関わっていけばよいのでしょうか?

子どもと対話を重ねるときのOKポイント、NGポイントを紹介します。

子どもの課題解決力を育む4つのステップ

課題解決力とは、その言葉どおり、自分の前に問題や課題が立ちはだかったときに状況を正確に把握して情報を集め、自分の力で解決方法を考え、実行する力のことです。

小学校の学習指導要領にも出てくる課題解決力は、4つのステップで育むことができます。

学校の勉強を例にあげて紹介します。

①課題を発見し、認識する

②情報を収集し、原因を分析する


③解決策を考え、実行する


④結果を振り返って、評価をする

STEP1 課題を発見し、認識する
たとえば国語のテストで思うような点数がとれなかった場合です。

なぜこのような結果になったのかを考え、「漢字問題での間違いが多い」など、具体的な問題を把握していきます。

STEP2 情報を収集し、原因を分析する
漢字問題での間違いが多い原因を、漢字ノートや教科書などを見ながら考えます。

・漢字練習をあまりしていない
・ノートを見ると、練習の時に書き順が間違っている
など、具体的にあげることで、間違えた原因がわかります。

STEP3 解決策を考え、実行する
・漢字練習をあまりしていない→これまでよりも5回ずつ多く練習する
・書き順が間違っている→漢字練習の時に親がつきそい、書き順をチェックする
など、原因の解決策を考え、実行に移します。

STEP4 結果を振り返って、評価をする
良くても、悪くても、国語のテスト結果を振り返ります。

今回は、思うような結果が出なかったことを前提に説明します。

・なぜその様な結果になったのか→5回ずつ多く練習した回数では十分でなかった
・次回どの様に改善するか→5回ずつ多く練習した回数を10回ずつに増やす
など、改めて原因と今後の改善策を考えます。

そして、また「STEP1 課題を発見し、認識する」に戻ることで、課題解決をするための好循環が生まれます。

幼児期、学童期の子どもが自分ひとりの力でこれらのステップを踏んでいくのは困難です。

親が子どもに問いを投げかけ、対話を重ねながら子どもが自分で考え、課題解決への道しるべを探っていくことが大切です。

子どもが自分で考えるようになる親の声かけポイント〜生活編〜

子どもの課題解決力を育むために必要なのは、日々の暮らしのさまざまな場面で子どもが「自分で考える」機会を増やすことを意識し、その場その場で適切な言葉をかけることです。

以下、日常にありがちなシーンをあげ、OKの言葉かけ、NGの言葉かけを紹介していきます。

まずは、日常生活編です。

〇親子で話し合って約束したお手伝いをしないとき

〇食器など、家のものを誤ってこわしてしまったとき


〇友達と遊び、約束した帰宅時間が守れないとき

親子で話し合って約束したお手伝いをしないとき

NGの言葉かけ 「お手伝い、もうしなくていいから!」

OKの言葉かけ「最近お風呂掃除してくれないけど、どうしたのかな?」
「いつだったら手伝いできそう?」

【ポイント】
「もうしなくていいから!」と突き放してしまうと、子どもの心が傷つくだけで考える力が育ちません。
子どもなりの「できない理由」を聞き、親子でその解決策を一緒に考えてみましょう。

食器など、家のものを誤ってこわしてしまったとき

NGの言葉かけ 「どうするつもり?! 謝りなさいよ!」

OKの言葉かけ「うっかり落として割っちゃったのね。今度から気をつけよう。どうしたらいいと思う?」

【ポイント】
叱りつけると、子どもは萎縮するだけ。
「失敗は成功のもと」ととらえ、どうしたら失敗しないようになるか一緒に考えるなど、失敗から学べるような導きをしましょう。

友達と遊び、約束した帰宅時間が守れないとき

NGの言葉かけ 「遅いじゃない! こんな時間まで何やってたのよ!」

OKの言葉かけ 「ママ心配したよ。どうして遅くなったのかな?約束の時間どおりに帰ってくるためにはどうしたらいいと思う?」

【ポイント】
責め立てるのではなく、心配していた気持ちを伝え、理由を説明する余地、改善する余地を与えましょう。

子どもが自分で考えるようになる親の声かけポイント 〜園・学校・習い事編〜


続いて、園・学校・習い事編です。

〇友達とケンカして気まずくなり、悩んでいるとき

〇習いごとの進級テストで合格できなかったとき


〇苦手な教科の勉強がはかどらないとき

友達とケンカして気まずくなり、悩んでいるとき

NGの言葉かけ 「そんな子と遊ぶのは、もうやめなさい!」

OKの言葉かけ 「お友達とケンカしたのね。どんなことができるのか、一緒に考えてみようか」

【ポイント】
子どもと同様、子どもの友達を否定するのはNGです。
子どもに考えさせ、なるべく子ども同士で解決できるような関わりを心がけましょう。

習いごとの進級テストで合格できなかったとき

NGの言葉かけ 「だめじゃない! 次は絶対合格しなさいよ!」

OKの言葉かけ 「こういうところは前より進歩したよね。どうしたらうまくいくか、考えてみようか」

【ポイント】
「不合格だった」という事実にとらわれず、未来に向けてできることを子どもと一緒に考えましょう。

苦手な教科の勉強がはかどらないとき

NGの言葉かけ 「できないなんて言わないで、さっさとやりなさい!」

OKの言葉かけ 「どんなところがわからない?ママに教えて」

【ポイント】
子どもの勉強に、無理強いは禁物です。
苦手教科のつまづきポイントを聞き、その克服のためにはどうすればよいかを考えましょう。

場面に応じたこのような言葉がけにより、自分で考える力とともに、課題解決力を育むことができます。

まとめ

・課題解決力は、親子で対話を重ねることにより育まれていく
・日常のあらゆる場面で子どもが「自分で考える」機会を意識する
・子どもを否定、強制するような言葉はNG

編集部より

情報化社会が進み、たくさんの変化が伴う社会の中で、自分自身で「課題解決」する力が必要なってくることが分かりました。
この課題解決力を身に付けるためには、子どもが小さな時に親がどの様な関わり方をしたのかが大切になってきます。
なぜなら、小さい時ほど、子どもは課題が何かを理解する力が弱いからです。
そこで親として大切にするサポートとして、頭ごなしに物事を伝えるのではなく、まずは子ども自身に考えさせるような問いかけをして、寄り添ってあげましょう。
また、子ども自身がそれでも課題を分からない時は、ヒントを与えることや、お父さん、お母さんだったら〇〇するかなの様に伝え、一緒に話し合い、考え時間を設けていきましょう。

(参考文献)
・「課題解決能力」育成のためのハンドブック(出典:神奈川県立総合教育センター)
・叱りゼロで子どもは自分でできるようになる!(原田綾子著 PHP研究所)
・ベネッセ教育情報サイト|子どもの課題解決力を育む対話とは(石川尚子執筆)

ABOUT ME
リーフラス 非認知能力プロジェクト
https://liberta.sport-school.com/
×

個人情報保護方針

リーフラス株式会社(以下、「当社」といいます。)は、重要な個人情報を取り扱う事業者として、個人情報を適切に保護することが最も重要な経営課題の一つであるとの認識の上に、個人情報保護に関わる次の方針を定め、体系的で全経営活動に統合された個人情報保護管理体制及び仕組み(以下、「個人情報保護マネジメントシステム」といいます。)を策定し、実行し、維持し、及び継続的に改善していきます。
なお、本方針において「個人情報」には「特定個人情報」を含みます。

1.個人情報の取得、利用及び提供

個人情報を取得する場合、利用目的を明確に定め、個人情報を適正かつ公正な手段によって取得いたします。取得した個人情報は、利用目的の達成に必要な限度において利用し、目的外利用を行わないための措置を講じます。また、必要な限度を超えて利用する場合は、あらかじめご本人の同意を得ることとします。
ただし、法令に基づく場合など、本人の権利や利益、生命、身体を保護するために必要な場合には、本人による同意の有無に関わらず取得、利用及び提供を行うことがあります。

2.個人情報保護に関する法令遵守

保有する個人情報に関して適用される法令、国が定める指針、その他の規範を遵守するとともに、個人情報保護マネジメントシステムにおける取組みを適宜見直し、改善していきます。

3.個人情報の漏えい、滅失又はき損などの防止及び是正

取得した個人情報について、不正アクセス、漏えい、滅失又はき損などが生じることの無いよう、物理的及び技術的な安全管理措置を実施し、防止するとともに、監査により不備を発見し継続的に是正及び改善をはかります。

4.苦情・相談への対応

当社が保有する個人情報に関するお問い合わせや苦情、相談については、下記の受付窓口にて受け付け、適切かつ迅速に対応いたします。
尚、苦情及び相談を受け付けた場合、対応に伴い取得した個人情報については、苦情及び相談に対応する以外の目的で利用及び提供はいたしません。

5.個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善

個人情報保護のためのマネジメントシステムを定め、運用します。代表者自ら個人情報保護マネジメントシステムを見直すことによって継続的に是正及び予防の処置を実施いたします。
また、上記に掲げた方針及びその他個人情報保護に必要な事項については、すべて手順を文書化し実践できるよう取り組みます。

6.特定個人情報の取扱

特定個人情報の安全管理措置に関して「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」及び「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」を遵守して適正に取り扱います。

2018年6月1日
(最終)改訂日2021年5月1日
リーフラス株式会社
代表取締役社長 伊藤 清隆

個人情報に関わる苦情・相談及び本方針の内容についての問合せ先

〒150-0012
東京都渋谷区広尾一丁目1番39号
リーフラス株式会社

個人情報保護相談窓口

電話番号:03-6451-1341
受付時間:10時00分~17時00分(土日・祝日、年末年始その他の当社休業日を除きます。)

個人情報の取扱いについて

1.個人情報の利用目的について

当社が個人情報を利用する目的は以下のとおりです。

2.「第三者提供」ついて

当社は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめご本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはいたしません。

3.保有個人データの開示及び訂正・追加または削除についての手続き

当社の保有個人データに関して、ご本人またはその代理人は、次の手続きにより、開示、訂正、利用目的の通知、利用停止等の請求を行うことができます。

【送付先】

〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー10F
リーフラス株式会社 個人情報管理責任者

制定日 2021年5月1日
リーフラス株式会社
代表取締役社長 伊藤 清隆