自立心

非認知能力がグングン伸びる!幼児期におすすめの運動遊び

非認知能力は、未来を担うすべての子どもたちの心と体に必要と考えられています。

非認知能力を育むためにはさまざまなアプローチがありますが、そのひとつとして知られているのが、運動遊びです。

子どもが「できた!」「楽しい!」「もっとやりたい!」と主体的に取り組んでいけるような、家庭で気軽にできる運動遊びを、非認知能力育成の視点から紹介します。

子どもの目が輝き、笑顔になれる運動遊びを親子で楽しむ

非認知能力が最も育つといわれる幼児期は、「楽しい!」と感じられることであれば、どんなことにも興味をもつ時期です。

この時期の子どもは、運動が大好きです。

運動というと、「走る」「跳ぶ」「投げる」などの行動をイメージすることが多いものですが、「持つ」「ころがす」「支える」といったなにげない行動も、すべて運動なのです。

親が肩肘はらず、「子どもといっしょにちょっとした運動遊びを楽しもう」という気持ちを抱いて体を動かすことで、体力だけでなく、非認知能力を育むことができます。

短時間でも集中して運動遊びを行い、子どもが笑顔になることや、目が輝いていればOKです。

「ママはあなたと遊べて嬉しいよ!」というサインを全身で送りながら、親子で運動遊びを楽しみましょう。

「自分で考える力」「集中力」を育む運動遊び5つ


それでは、「自分で考える力」「集中力」を育む運動遊びを5つ紹介します。

子どもがひとりでチャレンジできる運動遊びなので、最初は親がやって見せ、そのあとで子どもに「じゃあ、⚫⚫ちゃん、やってみて!」と声をかけましょう。

1回でうまくできないのは当たり前です。

どうしたらうまくできるようになるかをいっしょに考えながら、楽しく体を動かしましょう。

両足パッチンジャンプ

両足を広げてひざをまげ、少し上の方を見ながらジャンプ。その時に、左足と右足をタッチします。

両足の開き具合を調整しながら、どのくらいの幅で開いているときに両足をタッチしやすいのか試してみましょう。

ボールでお散歩

やわらかいボールを持って脇にかかえ、ボールを落とさずにおなかの周り、首の周り、股の間などを散歩させます。

次の動きを予測しながら、右手と左手が止まらずに動かせるようにしましょう。

ペットボトルボーリング

ペットボトルを6本集め、ボーリングのピンに見立てて並べます。

1〜2m離れたところからボールを転がし、何本倒したかを競います。

ボールをまっすぐに転がすにはどうしたらいいか考えながら、力加減も調整していきましょう。

お椅子スクワット

「透明のイスがある」と見立てて、そのイスにすわるような形でスクワットします。

“イスの高さ”を調整することで、バランスの取り方を学びます。

ボールおんぶ走り

ボールをおんぶするように両手でもち、落とさないように走ります。

ゆっくり走るや、スピードアップして走ることで集中力を養います。

1 2
ABOUT ME
リーフラス 非認知能力プロジェクト
https://liberta.sport-school.com/
×

個人情報保護方針

リーフラス株式会社(以下、「当社」といいます。)は、重要な個人情報を取り扱う事業者として、個人情報を適切に保護することが最も重要な経営課題の一つであるとの認識の上に、個人情報保護に関わる次の方針を定め、体系的で全経営活動に統合された個人情報保護管理体制及び仕組み(以下、「個人情報保護マネジメントシステム」といいます。)を策定し、実行し、維持し、及び継続的に改善していきます。
なお、本方針において「個人情報」には「特定個人情報」を含みます。

1.個人情報の取得、利用及び提供

個人情報を取得する場合、利用目的を明確に定め、個人情報を適正かつ公正な手段によって取得いたします。取得した個人情報は、利用目的の達成に必要な限度において利用し、目的外利用を行わないための措置を講じます。また、必要な限度を超えて利用する場合は、あらかじめご本人の同意を得ることとします。
ただし、法令に基づく場合など、本人の権利や利益、生命、身体を保護するために必要な場合には、本人による同意の有無に関わらず取得、利用及び提供を行うことがあります。

2.個人情報保護に関する法令遵守

保有する個人情報に関して適用される法令、国が定める指針、その他の規範を遵守するとともに、個人情報保護マネジメントシステムにおける取組みを適宜見直し、改善していきます。

3.個人情報の漏えい、滅失又はき損などの防止及び是正

取得した個人情報について、不正アクセス、漏えい、滅失又はき損などが生じることの無いよう、物理的及び技術的な安全管理措置を実施し、防止するとともに、監査により不備を発見し継続的に是正及び改善をはかります。

4.苦情・相談への対応

当社が保有する個人情報に関するお問い合わせや苦情、相談については、下記の受付窓口にて受け付け、適切かつ迅速に対応いたします。
尚、苦情及び相談を受け付けた場合、対応に伴い取得した個人情報については、苦情及び相談に対応する以外の目的で利用及び提供はいたしません。

5.個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善

個人情報保護のためのマネジメントシステムを定め、運用します。代表者自ら個人情報保護マネジメントシステムを見直すことによって継続的に是正及び予防の処置を実施いたします。
また、上記に掲げた方針及びその他個人情報保護に必要な事項については、すべて手順を文書化し実践できるよう取り組みます。

6.特定個人情報の取扱

特定個人情報の安全管理措置に関して「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」及び「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」を遵守して適正に取り扱います。

2018年6月1日
(最終)改訂日2021年5月1日
リーフラス株式会社
代表取締役社長 伊藤 清隆

個人情報に関わる苦情・相談及び本方針の内容についての問合せ先

〒150-0012
東京都渋谷区広尾一丁目1番39号
リーフラス株式会社

個人情報保護相談窓口

電話番号:03-6451-1341
受付時間:10時00分~17時00分(土日・祝日、年末年始その他の当社休業日を除きます。)

個人情報の取扱いについて

1.個人情報の利用目的について

当社が個人情報を利用する目的は以下のとおりです。

2.「第三者提供」ついて

当社は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめご本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはいたしません。

3.保有個人データの開示及び訂正・追加または削除についての手続き

当社の保有個人データに関して、ご本人またはその代理人は、次の手続きにより、開示、訂正、利用目的の通知、利用停止等の請求を行うことができます。

【送付先】

〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー10F
リーフラス株式会社 個人情報管理責任者

制定日 2021年5月1日
リーフラス株式会社
代表取締役社長 伊藤 清隆