自立心

コロナ禍で教育格差が生まれている今、子どもに求められる「主体性」とは?

新型コロナウィルス感染拡大により、子どもを取り巻く環境に新たな問題が浮かび上がってきました。

その一つが教育格差の問題です。

新型コロナウィルス感染拡大のため、各自治体や学校で差はあるものの学校が臨時休校となりました。

このことがきっかけで、学習環境の教育格差問題が明るみとなったのです。

このことにより、学校外の学習に対しての子どもたちの主体性が重要となっています。

コロナ禍による教育格差の問題とは?


コロナ禍により、各自治体、公立学校、私立学校は休校措置を余儀なくされました。

このことで浮上した教育格差の問題とは、どこに住み、どこの学校に通っているのかで、子どもの学習内容に大きな差ができてしまったことです。

一部の学校では、授業をオンライン化に移行することができました。

しかし、授業をオンライン化すれば成功という訳でもなく、子どもは急な変化に戸惑ってしまったり、一方的な授業内容で子どもたちが授業に興味を持てずに勉強に身が入らないといった問題も浮上しました。

授業のオンライン化に移行できたのはごく一部で、ほとんどの学校ではオンライン化することは出来ませんでした。

とある東京都の公立小学校では、印刷された時間割と課題を配布して、自宅学習をするように指導があるのみだったそうです。

学校が休校になったことで多くの子どもが、学習に不安を抱いていたことがわかっています。

自治体や学校によって差はありますが、今、授業の遅れを取り戻すために、授業時間を長くする、土曜授業を取り入れる、夏休みや冬休みを削って学習時間に当てるなどの対策が行われています。

このような対応は対処療法であり、日本では根本的な教育改革が求められています。

大きく二つの問題解決が望まれますが、一つは、子どもたちが平等に学びの機会を得られるような環境整備を整えることです。

もう一つは、オンラインでも先生による一方通行の授業ではなく、アクティブラーニングのような双方向で子どもが興味を持って学べるような、魅力的な授業が期待されています。

自ら考える力が身に付く!? 今注目のアクティブ・ラーニングとはアクティブ・ラーニングとは? 2020年から、子どもが主体的に考えて学びを深めていく「アクティブ・ラーニング」が学習指導要項に加わりま...

これからの時代、大切な力が「主体性」

今、新型コロナウイルスの第二波が来ていて、収束がいつになるのか全く予想ができない状況です。

私たちはwithコロナの時代に突入していると言っても過言ではありません。

新型コロナウイルスもですが、それ以外の問題で、学校に通えなくなる可能性もこれから先も有り得ます。

教育関係者や学校側も、コロナ禍による教育格差の問題に危機感を持ち、教育の環境整備を必死に進めています。

ですが、私たちは環境が整備されるのを待つという受け身の姿勢ではなく、自ら情報を取り、選択し、主体的に学びを深めていく積極的な姿勢が必要となります。

そのために、今子どもに求められている力が「主体性」です。

非認知能力の一つでもある主体性を身につけることで、自ら学ぶ意欲を持ち課題に向かって学び続けて成長していくことができるようになります。

そして、子どももですが、親にも変革が求められています。

子どもと一緒に親も主体性を身に付けて、これまで以上に教育について考えたり行動したり選択する場面が求められるでしょう。

子どもの主体性を育むためにできること

では、子どもの主体性を育むために親はどんなことができるでしょうか?

今までに受けてきた家庭教育がどのようなものであったのかをまとめた『一流の育て方』(著:ムーギーキム・ミセスパンプキン/ダイヤモンド社)では、主体性の重要さを強調しています。

本著は、ただ学力が高い子どもを育てるのではなく、「主体的に幸福な人生を切り開ける子ども」を育てるためのメソッドに触れています。

『一流の育て方』を参考に、子どもの主体性を育てるために大事な9つのことをご紹介します。

自由を与え、自分で探させる


子どもに選択の自由を与え、主体的に決断させましょう。

自由に決断させなければ、子どもは自分にとって何が大切で、自分は何が好きなのかを見つけられません。

結果的に他人に決めてもらわなければ何も決められない、受け身人間になってしまう可能性もあります。

子どもに目標を設定させる

子どもが自分で考えて目標を定めることが大切です。

親が目標を押し付けても、子どもは本気にはなりません。

子どもが自分で目標を設定したときは、本気で頑張ることができるでしょう。

進路に関しては子どもの意思を尊重する

進路など子どもにとって重要な決断ごとを親がすることはやめましょう。

人生で大切なことに関して子どもの意思を尊重することは、子どもにとって親から信頼されているという喜びです。

自分で決めた目標だからこそ頑張ることができるでしょう。

自主性は尊重してもアドバイスは十分に与える

子どもの自主性を尊重することは、自由放任とは大きく違います。

親は子どものことを把握しつつも、適宜アドバイスを与えましょう。

選択肢を示して最終選択は子どもに任せる

子どもの適性を考慮した選択肢を与えて、子どもに選ばせるようにしましょう。

大事なのは、最終的に子どもが決定をするということです。

過保護に育てない


過保護は長期的に見て、子どもの成長力を阻害してしまいます。

子どもをサポートすることと、過保護との間のバランスを保つことが、親の大事な役割です。

個性を尊重する

子どもの個性を尊重し、周りと無理に合わせることなく人と違っていい、ということを伝えましょう。

このことで子どもは、周りに振り回されずに自分で考える強さが身に付くのです。

「人に迷惑をかけない」より「役に立つように」

最低限のマナーや礼儀を持つことは大切なことですが、「迷惑をかけないこと」とばかり唱えては子どもは萎縮してしまいます。

それよりも「役に立つこと」とポジティブな声かけをすることで「大志」が育つのです。

小さいことから自信を付けさせる


どんなに小さなことでもいいので何か一つでも「自分はできる」という自信を子どもに持たせましょう。

このことが、他の分野への主体性や積極性にも直結します。

人生を主体的に生きている大人たちに共通していた家庭教育が上で述べた9つのことでした。

子どもの主体性をきちんと持つためには、親の理解やサポートが必要であることはわかりました。

主体性が身についた子どもは小さい時から、「自分は何か好きで何がやりたいか」と自分を見つめる習慣が身についていたということも特筆すべきことでしょう。

まとめ

・コロナ禍で教育格差の問題が明らかになり、教育の環境整備が求められている。
・どのような時代でも、主体性を身につければ子どもは自分で積極的に学ぶことができる。
・子どもの主体性を育むための鍵は、家庭教育にあり親の理解やサポートが重要。

編集部より

コロナ禍で、今までは普通に出来ていたことができなくなったり、私たちの生活は大きな変化が求められたりするようになりました。
これから先どうなるかは誰一人としてわかりません。それでも私たちは、今できることを積極的に探して、挑戦していくことは出来ます。
どのような時代にあっても、自分は何がしたいのか自問自答して主体的に人生を切り開ける子どもを育てていきたいですね。

(参考文献)
・『一流の育て方』(著:ムーギーキム・ミセスパンプキン/ダイヤモンド社)
・教育とICT online|新型コロナ休校で「教育格差」6割、慣れないオンライン授業には戸惑い

ABOUT ME
リーフラス 非認知能力プロジェクト
https://liberta.sport-school.com/