自己肯定感

子どもがGW明けに登園・登校しぶり !こんなとき、どう向き合う?

家族の時間をのんびり過ごしたGW明けは、登園・登校しぶりする子も少なくありません。

新生活に慣れ、毎日元気に通園・通学してきた姿を見て安心していたのに、「突然どうしたの?」と、心配になりますよね。

登園・登校しぶりはなぜ起きるのでしょうか。

子どもの「行きたくない!」に、親はどう向き合えば良いのでしょうか。

休み明けの子どもの登園・登校しぶりの対処法を紹介します。

親はヤキモキ。登園・登校しぶり、その原因は?

新年度が始まり、園や学校生活に少しずつ慣れてきた子どもたち。

しかしGW(ゴールデンウィーク)に入り、長い連休が明けるタイミングで「園(学校)に行きたくない」と言い出して、朝ぐずぐずするといった行動が見られることがあります。

親はヤキモキしてしまいますが、これはどうしてなのでしょうか。
原因を考えてみましょう。

休み中の生活リズムに慣れてしまったから

GW中は、家族でのんびりしたり、近くの公園に出かけるなど自分のペースで過ごすことができます。

4月から続いた緊張感がとけてほっとひと息つけたところなのに、「またいつもの生活が始まる」という気持ちから、園や学校に行くのが憂うつになってしまうこともあるようです。

また、連休中は、朝ゆったり過ごすことができたのに、休みが明けると朝が再びせわしなくなることでリズムがつかめず、ぐずぐずすることもあります。

ママやパパと離れるのが寂しいから

園や学校で友達と楽しく遊べるようになっても、子どもにとっては、ママやパパといっしょにいられることが何よりもうれしいものです。

お休みでママやパパと楽しく過ごしたぶん、離れるのが寂しくなって登園・登校しぶりを起こすこともあります。

園や学校生活で憂うつに感じることがある

「友達といざこざがあった」「先生に注意された」など人との関わりだけでなく、「給食がぜんぶ食べられない」「トイレが暗くてこわい」など、園や学校生活で憂うつに感じていることを思い出し、行くのを嫌がることが考えられます。

行きたくない理由を聞き、不安に寄り添うことが第一


子どもがGW明けに「園(学校)に行きたくない!」というケースは、実はよくあるパターンです。

私たち大人だって、休み明けに会社に行くとき、気分が乗らないこともありますよね。

基本はそれといっしょです。

「これまでスムーズに行けていたのにどうして?」などと、親が必要以上に動揺したり、慌てたりする必要はありません。

「行きたくない!」と言い出すと「このまま不登校になってしまうのでは?」という不安もよぎりますが、登園・登校しぶりはどの子にもよく起こることであることをまずは理解し、子どもの気持ちに寄り添うことが大切です。

そのうえで、どうして行きたくないのか、その理由をじっくり聞きましょう。
行きたくない理由をうまく説明できない場合は、無理に問いただす必要はありません。

無理してでも行かせるか、休ませるべきなのか。
悩むところだと思いますが、結論からいうと、どちらでもOKです。

繰り返しになりますが、大切なのは「子どもの気持ちに共感すること」です。

子どもが心身ともに疲れているようで親に余裕があれば、思いきって休んで家でゆっくり話を聞いたり、いっしょに遊んだりする時間をつくるのも一案ですし、休ませるのが難しい場合は笑顔で送り出し、帰宅後や週末に意識して関わってあげましょう。

大人が不安になったり、過度な罪悪感を持ったり動揺したりすると、子どもにも不安が伝わってしまいます。

なるべくどっしり構え、子どもを安心させることを心がけましょう。

その上で、必要に応じて園・学校の先生や信頼できる知り合いなどに相談し、サポートしていきたいものです。

次のページでは、登園・登校をしぶる子どもに親が言ってはいけないNG言葉をご紹介します!何気なく無意識に言ってしまっている言葉もあるのではないでしょうか!?

1 2
ABOUT ME
リーフラス 非認知能力プロジェクト
https://liberta.sport-school.com/
×

個人情報保護方針

リーフラス株式会社(以下、「当社」といいます。)は、重要な個人情報を取り扱う事業者として、個人情報を適切に保護することが最も重要な経営課題の一つであるとの認識の上に、個人情報保護に関わる次の方針を定め、体系的で全経営活動に統合された個人情報保護管理体制及び仕組み(以下、「個人情報保護マネジメントシステム」といいます。)を策定し、実行し、維持し、及び継続的に改善していきます。
なお、本方針において「個人情報」には「特定個人情報」を含みます。

1.個人情報の取得、利用及び提供

個人情報を取得する場合、利用目的を明確に定め、個人情報を適正かつ公正な手段によって取得いたします。取得した個人情報は、利用目的の達成に必要な限度において利用し、目的外利用を行わないための措置を講じます。また、必要な限度を超えて利用する場合は、あらかじめご本人の同意を得ることとします。
ただし、法令に基づく場合など、本人の権利や利益、生命、身体を保護するために必要な場合には、本人による同意の有無に関わらず取得、利用及び提供を行うことがあります。

2.個人情報保護に関する法令遵守

保有する個人情報に関して適用される法令、国が定める指針、その他の規範を遵守するとともに、個人情報保護マネジメントシステムにおける取組みを適宜見直し、改善していきます。

3.個人情報の漏えい、滅失又はき損などの防止及び是正

取得した個人情報について、不正アクセス、漏えい、滅失又はき損などが生じることの無いよう、物理的及び技術的な安全管理措置を実施し、防止するとともに、監査により不備を発見し継続的に是正及び改善をはかります。

4.苦情・相談への対応

当社が保有する個人情報に関するお問い合わせや苦情、相談については、下記の受付窓口にて受け付け、適切かつ迅速に対応いたします。
尚、苦情及び相談を受け付けた場合、対応に伴い取得した個人情報については、苦情及び相談に対応する以外の目的で利用及び提供はいたしません。

5.個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善

個人情報保護のためのマネジメントシステムを定め、運用します。代表者自ら個人情報保護マネジメントシステムを見直すことによって継続的に是正及び予防の処置を実施いたします。
また、上記に掲げた方針及びその他個人情報保護に必要な事項については、すべて手順を文書化し実践できるよう取り組みます。

6.特定個人情報の取扱

特定個人情報の安全管理措置に関して「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」及び「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」を遵守して適正に取り扱います。

2018年6月1日
(最終)改訂日2021年5月1日
リーフラス株式会社
代表取締役社長 伊藤 清隆

個人情報に関わる苦情・相談及び本方針の内容についての問合せ先

〒150-0012
東京都渋谷区広尾一丁目1番39号
リーフラス株式会社

個人情報保護相談窓口

電話番号:03-6451-1341
受付時間:10時00分~17時00分(土日・祝日、年末年始その他の当社休業日を除きます。)

個人情報の取扱いについて

1.個人情報の利用目的について

当社が個人情報を利用する目的は以下のとおりです。

2.「第三者提供」ついて

当社は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめご本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはいたしません。

3.保有個人データの開示及び訂正・追加または削除についての手続き

当社の保有個人データに関して、ご本人またはその代理人は、次の手続きにより、開示、訂正、利用目的の通知、利用停止等の請求を行うことができます。

【送付先】

〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー10F
リーフラス株式会社 個人情報管理責任者

制定日 2021年5月1日
リーフラス株式会社
代表取締役社長 伊藤 清隆