コミュニケーション能力

物分かりの悪い親の方が良い!?子どもが自分の意見を言えるようになるためにできること

意見を言い過ぎる子どもと意見を言えない子ども

小学生低学年くらいになると、この子は自分の意見を言うのが得意かそうでないかわかってくると思います。

子どもが自分の意見を言い過ぎてしまうことも、逆に意見を言えないことも、どちらのケースも親としては心配になりますよね。

自分の意見を言い過ぎる自己主張が強いタイプの子どもは、親や周囲の大人がその子の気持ちを受け止めて、感情のコントロール方法を覚えてもらうなどの方向性が明らかです。

親としては、周囲とトラブルを起こしがちな自己主張の強い子どもに心を痛めてしまいそうですが、どう軌道修正すればいいか目的がはっきりしている分、親としての対応もしやすく、子どもも問題解決しやすいと『「自己肯定感」育成入門』の著者である平岩国泰さんは本著の中で話しています。

自分の意見を言えない子どもの特徴とは

自分の意見を言えない子どもには6つの特徴があります。

  • 指示待ち人間

自分で何かをしたいという思いが弱くて、行動に移せず、基本的に誰かの指示がないと動くことができません。

  • 受け身である

自己主張することが苦手で、自分がこうしたいと発言したり、行動に移したりできず、常に受け身の姿勢でいます。

  • 感情表現が乏しい

自分の感情を抑圧して生きることに慣れているので、喜怒哀楽の感情を表現することができません。

  • なんでもいいと言う

自分の感情を知ったり、それを表現したりすることが苦手な上、周りに評価されることを恐れるので、質問しても意思表示をしません。

  • 人に合わせる

親や周りの大人、友達との関係の中で自分の意見を通すことはなく、周りの意見に流されて、他人に合わせます。

  • 断ることができない

内心嫌だと思っていても、親や友達が不機嫌になるかもしれない、荒波を立てるかもしれないと恐れて、断ることができません。

自分の意見を言わない、まわりに合わせるというのはポジティブに考えれば、協調性があると捉えることができます。

ですが、成長していくにつれて自分の意見を求められることも増えていきます。

状況に応じて、まわりに合わせることも必要ですが、自分の意見も言えるようにトレーニングしておくことが大切です。

子どもが自分の意見を言えるようになるためにできることとは?

自分の意見を言えない子どもは、幼いうちは揉め事を起こすことなく当たり障りなく生きられるかもしれません。


親や周りから「いい子」と言われている子も中にはいるでしょう。

しかし、子ども本人のことを考えたとき、子どもが自分の意見を言えるようになることは、成長していく過程においても、将来大人になって社会に出るときのためにも、とても大事なことなのです。

では、子どもが自分の意見を言えるようになるためにはどのような方法があるでしょうか?

家庭でできる4つの方法についてご紹介します。

物分かりの悪い親になる

自分の意見を言うことが苦手な子どもの背景に、気が利き過ぎる親の存在があります。

子どもの言動や行動パターンから、子どもの意思を汲み取って親が先回りし過ぎていないでしょうか?

もし、子どもが自分の意見を言えないことで悩んでいるのであれば、普段自分がどのように子どもに接しているかを振り返ってみてください。

子どもの気持ちを察して動いていることが多い場合、あえて物分かりの悪い親になることをおすすめします。

物分かりが悪い親とは、子どもがやりたいことなどを先回りして行うことなく、子ども自身が言葉で気持ちを表現することを待てる親という意味です。

「自分の意思を主張できるようになってほしい」と願うのであれば、物分かりが悪いふりをして、子どもが自分の言葉で表現するまで待つことからはじめてみましょう。

会話で意見を聞く

普段から子どもとの会話の中で意見を聞くようにしてみましょう。


子どもの年齢にもよりますが、「今日の夕飯何が食べたい?」、「週末は何して遊びたい?」、などとさりげなく子どもが自分の言葉で語る機会を増やすのです。

最初は子どもがうまく言葉にできないこともあるかもしれませんが、親は気長に子どもが話すのを待ちましょう。

自分の話を聞いてもらえることや、意見を求めてくれていることで、子どもは親が自分を一人の人間として認めてくれていると自信が付き、次第に意見をスラスラと言えるようになるでしょう。

ステップアップ編として、子どもが自分の意見を言えるようになったら、その理由を聞くこともおすすめです。

子どもは説明をする体験を重ねることで、ロジカルシンキングの土台を学ぶことができます。

口出しをせずに見守る

親は子どもの意思を尊重して、口出しすることを控えてみましょう。

例えば、子どもが自由研究の宿題をしているときに、最初から親が手伝ったり、「こうしたらうまくできるよ」、「こうした方がいい」などの口出しをすることはよくありません。

子どもの意思や意見を引き出すためには、まずは見守り、何か聞いてきたときや親のサポートを求めてきたときに対応してあげるのがいいです。

その時もなるべく「どうしたらいいと思う?」、「何で悩んでいるの?」などの問いかけをすると意見を言うトレーニングになります。

親は子どもの主張を頭ごなしに否定したり、先に結論づけて否定したりすることなく、子どもの気持ちを受け止めて、そっと背中を押してあげる存在に徹してください。

口を出さないということは、放任とも無関心とも違います。

子どもにとって家庭が、安心して伸びやかに過ごせて自分の意思を伝えられる場所であるために、子どもをあたたかな目で見守るのです。

眼差しは常に子どもへ向けて、危険なことがある場合は子どもをすぐに守れるように気をつけましょう。

自分で考えさせて選ばせる

会話で意見を聞くと似ていますが、常日頃から自分で考えさせて選ばせることに気を配りましょう。

何回か繰り返すと習慣化し、子どもも慣れてきます。

子どもは最初「わからない」と言うかもしれませんが、洋服やお菓子、旅行で行きたい場所など、複数の選択肢を用意して子どもに選ぶくせを身に付けさせます。

選ぶことは自分の意思を伝えるとても有効なトレーニングになります。

いずれにせよ、すぐに結果を求めることなく、子どもの成長のスピードに合わせてのんびりと親が構えていることも大事です。

まとめ

・気が利きすぎる親よりも物分かりの悪い親である方が自分の意見を言える子になる。
・自分の意見が言えない子どもは自分で考えて行動に移すことが苦手。
・子どもが自分の意見を言えるようにするには日常のさりげない会話が重要。

編集部より

子どもがきちんと自分の意見を言えるようになるためには、物分かりの悪い親になるという言葉に、驚かれた方も多いのではないでしょうか。
親は子どもの最大の理解者で、子どもの幸せを願うあまり、子どものことを察してやってあげたくなると思います。
ですが、子どもが意見を言うための練習と割り切って見守ることが大切です。

自分の意見を言えないまま大人になって社会に出たとき、困ってしまうのは子ども自身です。
社会に出たら、自分の意見を問われることや、積極的に動くことは当然のことのように求められます。
また大人になるまでの過程でも、感情にブレーキをかけてしまうことで心にストレスをためてしまうこともあります。
子どもが適切な感情表現をするためにおおらかな心で子どもと接してみてください。

(参考文献)
自己肯定感 育成入門(著者:平岩 国泰)

・こどもまなび☆ラボ自主性がない子どもは将来どうなる? 自主性を高める方法とは

ABOUT ME
リーフラス 非認知能力プロジェクト
https://liberta.sport-school.com/
×

個人情報保護方針

リーフラス株式会社(以下、「当社」といいます。)は、重要な個人情報を取り扱う事業者として、個人情報を適切に保護することが最も重要な経営課題の一つであるとの認識の上に、個人情報保護に関わる次の方針を定め、体系的で全経営活動に統合された個人情報保護管理体制及び仕組み(以下、「個人情報保護マネジメントシステム」といいます。)を策定し、実行し、維持し、及び継続的に改善していきます。
なお、本方針において「個人情報」には「特定個人情報」を含みます。

1.個人情報の取得、利用及び提供

個人情報を取得する場合、利用目的を明確に定め、個人情報を適正かつ公正な手段によって取得いたします。取得した個人情報は、利用目的の達成に必要な限度において利用し、目的外利用を行わないための措置を講じます。また、必要な限度を超えて利用する場合は、あらかじめご本人の同意を得ることとします。
ただし、法令に基づく場合など、本人の権利や利益、生命、身体を保護するために必要な場合には、本人による同意の有無に関わらず取得、利用及び提供を行うことがあります。

2.個人情報保護に関する法令遵守

保有する個人情報に関して適用される法令、国が定める指針、その他の規範を遵守するとともに、個人情報保護マネジメントシステムにおける取組みを適宜見直し、改善していきます。

3.個人情報の漏えい、滅失又はき損などの防止及び是正

取得した個人情報について、不正アクセス、漏えい、滅失又はき損などが生じることの無いよう、物理的及び技術的な安全管理措置を実施し、防止するとともに、監査により不備を発見し継続的に是正及び改善をはかります。

4.苦情・相談への対応

当社が保有する個人情報に関するお問い合わせや苦情、相談については、下記の受付窓口にて受け付け、適切かつ迅速に対応いたします。
尚、苦情及び相談を受け付けた場合、対応に伴い取得した個人情報については、苦情及び相談に対応する以外の目的で利用及び提供はいたしません。

5.個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善

個人情報保護のためのマネジメントシステムを定め、運用します。代表者自ら個人情報保護マネジメントシステムを見直すことによって継続的に是正及び予防の処置を実施いたします。
また、上記に掲げた方針及びその他個人情報保護に必要な事項については、すべて手順を文書化し実践できるよう取り組みます。

6.特定個人情報の取扱

特定個人情報の安全管理措置に関して「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」及び「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」を遵守して適正に取り扱います。

2018年6月1日
(最終)改訂日2021年5月1日
リーフラス株式会社
代表取締役社長 伊藤 清隆

個人情報に関わる苦情・相談及び本方針の内容についての問合せ先

〒150-0012
東京都渋谷区広尾一丁目1番39号
リーフラス株式会社

個人情報保護相談窓口

電話番号:03-6451-1341
受付時間:10時00分~17時00分(土日・祝日、年末年始その他の当社休業日を除きます。)

個人情報の取扱いについて

1.個人情報の利用目的について

当社が個人情報を利用する目的は以下のとおりです。

2.「第三者提供」ついて

当社は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめご本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはいたしません。

3.保有個人データの開示及び訂正・追加または削除についての手続き

当社の保有個人データに関して、ご本人またはその代理人は、次の手続きにより、開示、訂正、利用目的の通知、利用停止等の請求を行うことができます。

【送付先】

〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー10F
リーフラス株式会社 個人情報管理責任者

制定日 2021年5月1日
リーフラス株式会社
代表取締役社長 伊藤 清隆