コミュニケーション能力

子ども時代が鍵になる!これからの時代!よりコミュニケーション能力を育てよう!

今、世界中に新型コロナウイルスが感染拡大していて、人と人、国と国とが手を取り合って協力して解決していくことが求められています。

コミュニケーション能力を発揮して問題を円滑に進めていくことは、子どもが大人になり、自立をして、社会に出たときにも求められる重要な力となっていくでしょう。

仕事ではもちろん、家族や友人たちと良好な関係を保ち続けるために必要なコミュニケーション能力は、実は子どもの頃から適切に育んでいくことがとても大切になります。

どのように子どものコニュニケーション能力を高めていけばいいか、ご紹介していきます。

コミュニケーション能力が低い人と高い人の特徴とは

心理学博士で『「人と上手につき合える子ども」に育てる36の処方箋』の著者である心理学博士の榎本博明さんは、人とのコミュニケーションが苦手な若者が急増していると話しています。

具体的には下記のようなシチュエーションで、コミュニケーション能力の低さから生きづらさを感じてしまう人がいるようです。

・人と一緒にいるだけで気疲れる。
・友達ができない、友達ができてもどう付き合えばいいのかがわからなくて悩む。
・就職しても仕事をしている時間は問題ないが、雑談をする時間を苦痛に感じる。

コミュニケーション能力が低いと、友達を作ることや友達関係を維持すること、また職場での人間関係をうまく保つことができないなどの影響が出てきます。

では逆に、コミュニケーション能力が高い人はどんな特徴があるでしょうか?

「日本コミュニケーション能力認定協会」によると、コミュニケーション能力が高い人の特徴について下記のように記しています。

・相手に共感することができる。
・相手の話を上手に聞ける聞き上手である。
・適切な質問をすることができる。
・自分の気持ちをわかりやすく相手に伝えることができる。
・周りの人のやる気を引き出し高めることができる。
・相手の心を引き付けるような話すことができる。
・話を総合的にまとめることができる。
・周囲の人に好印象を与えることができる
引用元:日本コミュニケーション能力認定協会/コミュニケーション能力とは?

コミュニケーション能力と聞くと、自分から働きかけて話をするイメージが強いかもしれません。

でも実は、相手の気持ちに共感することや、相手の話にきちんと耳を傾けることのできる姿勢がとても大事なのです。

もちろん自分の気持ちを正確に伝えることや、魅力的な会話をすることもコミュニケーション能力の一部ですが、その時の状況を感じ取り、相手のリアクションを知ることもコミュニケーションなのです。

コミュニケーション能力とは非認知能力の一つで、相手を理解して心を通わせて人との関係性を築き、人生をより豊かにする力と言えます。

子どものコミュニケーション能力は家庭で育もう


子どものコミュニケーション能力を育てることに関して、多くの文献に共通することは、親のあり方や対話の重要性についてです。

「非認知能力」の育て方の著者であるボーク重子さんも、親子の対話の重要性を述べています。

“コミュニケーションの基礎を作るのが、親子の対話であり、家庭での声かけなのです。
普段あなたはお子さんとどのくらい会話をしているでしょうか?
一緒の時間を過ごしていても、親子でじっくり話をすることは以外にも少ないかもしれません”

この言葉にドキッとされた方もいるかもしれません。

ボーク重子さんは、家庭で子どもと上手にコミュニケーションを取るためのコツとして、イエスやノーで終わらない質問を投げかけることをすすめています。

下記の具体例を見てみましょう。

親:「今日は学校何が楽しかった?」
子:「体育の時間かな」
親:「体育ではどんなことをしたの?」
子:「エビカニクスというダンスを踊ったの」
親:「へぇ、おもしろい名前のダンスだね。どんなダンスなの?」
子:「エビとカニのお話のダンスなんだ。エビのときはこんなポーズをするの」
親:「エビはそんなポーズなんだ! カニのときはどうするの?」
子:「カニはこうするんだよ」
親:「そんなダンスあるなんて知らなかった、ママにもダンス教えてくれない?」
子:「いいよ!」
親:「ママが覚えたら一緒に踊ろうよ」
子:「いいね!楽しそう」

このような感じで、子どもの会話一つ一つを丁寧に聞き、掘り下げていきます。子どもは親が自分に関心を持っていると実感することで自信も得られるので一石二鳥です。

あまり難しく考えずに、インタビュアーになったつもりで楽しく実践してみましょう。

「自分の気持ち」が伝えられる子に育てよう自分の気持ちを相手に伝える自己表現力。 「明るく元気な子は自己表現力が育ちやすい」「慎重で神経質な子は自己表現力が育ちにくい」など...
1 2
ABOUT ME
リーフラス 非認知能力プロジェクト
https://liberta.sport-school.com/
×

個人情報保護方針

リーフラス株式会社(以下、「当社」といいます。)は、重要な個人情報を取り扱う事業者として、個人情報を適切に保護することが最も重要な経営課題の一つであるとの認識の上に、個人情報保護に関わる次の方針を定め、体系的で全経営活動に統合された個人情報保護管理体制及び仕組み(以下、「個人情報保護マネジメントシステム」といいます。)を策定し、実行し、維持し、及び継続的に改善していきます。
なお、本方針において「個人情報」には「特定個人情報」を含みます。

1.個人情報の取得、利用及び提供

個人情報を取得する場合、利用目的を明確に定め、個人情報を適正かつ公正な手段によって取得いたします。取得した個人情報は、利用目的の達成に必要な限度において利用し、目的外利用を行わないための措置を講じます。また、必要な限度を超えて利用する場合は、あらかじめご本人の同意を得ることとします。
ただし、法令に基づく場合など、本人の権利や利益、生命、身体を保護するために必要な場合には、本人による同意の有無に関わらず取得、利用及び提供を行うことがあります。

2.個人情報保護に関する法令遵守

保有する個人情報に関して適用される法令、国が定める指針、その他の規範を遵守するとともに、個人情報保護マネジメントシステムにおける取組みを適宜見直し、改善していきます。

3.個人情報の漏えい、滅失又はき損などの防止及び是正

取得した個人情報について、不正アクセス、漏えい、滅失又はき損などが生じることの無いよう、物理的及び技術的な安全管理措置を実施し、防止するとともに、監査により不備を発見し継続的に是正及び改善をはかります。

4.苦情・相談への対応

当社が保有する個人情報に関するお問い合わせや苦情、相談については、下記の受付窓口にて受け付け、適切かつ迅速に対応いたします。
尚、苦情及び相談を受け付けた場合、対応に伴い取得した個人情報については、苦情及び相談に対応する以外の目的で利用及び提供はいたしません。

5.個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善

個人情報保護のためのマネジメントシステムを定め、運用します。代表者自ら個人情報保護マネジメントシステムを見直すことによって継続的に是正及び予防の処置を実施いたします。
また、上記に掲げた方針及びその他個人情報保護に必要な事項については、すべて手順を文書化し実践できるよう取り組みます。

6.特定個人情報の取扱

特定個人情報の安全管理措置に関して「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」及び「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」を遵守して適正に取り扱います。

2018年6月1日
(最終)改訂日2021年5月1日
リーフラス株式会社
代表取締役社長 伊藤 清隆

個人情報に関わる苦情・相談及び本方針の内容についての問合せ先

〒150-0012
東京都渋谷区広尾一丁目1番39号
リーフラス株式会社

個人情報保護相談窓口

電話番号:03-6451-1341
受付時間:10時00分~17時00分(土日・祝日、年末年始その他の当社休業日を除きます。)

個人情報の取扱いについて

1.個人情報の利用目的について

当社が個人情報を利用する目的は以下のとおりです。

2.「第三者提供」ついて

当社は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめご本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することはいたしません。

3.保有個人データの開示及び訂正・追加または削除についての手続き

当社の保有個人データに関して、ご本人またはその代理人は、次の手続きにより、開示、訂正、利用目的の通知、利用停止等の請求を行うことができます。

【送付先】

〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー10F
リーフラス株式会社 個人情報管理責任者

制定日 2021年5月1日
リーフラス株式会社
代表取締役社長 伊藤 清隆